東京デートスポット 詳細情報

湯島天神

おみくじで恋の行方を占う。神社デート

菅原道真公を祀り太田道灌が再建した神社で、学問の神様として全国的に有名。古来より江戸・東京における代表的な天満宮であり、学問の神様として知られる菅原道真公を祀っているため受験シーズンには多数の受験生が合格祈願に訪れるが、普段からも学問成就や修学旅行の学生らで非常な賑わいを見せている。樹齢250年の木曽檜を使用した権現造りの社殿が、荘厳で美しい。広重の「江戸百景」の画題にもなった境内には、王貞治氏の努力碑、筆塚、撫で牛などが。牛の像を撫でるとご神徳を得ると言われるので、願いを込めて撫でてみよう。ご利益は全般(特に合格祈願・学業成就)幅ひろいなぁ。毎年2〜3月に開催される梅まつりも要チェック。

一歩間違えると地獄絵図ともなりかねないおみくじデート。案ずるなかれ、たいていのおみくじは悪いものは入っていません。占いもしかり。大吉が出れば素直に喜び、今日が出たらいっしょに笑う。それで万事解決です。

湯島天神 地図 ストリートビュー

ちょっと渋めに梅まつりデート

天皇の勅命により御宇2年(458年)に創建された湯島天神は、学問の神様・菅原道真を祀る関東を代表する天満宮。道真公が愛した梅の花は、この季節樹齢70〜80年の白加賀(しろかが・白梅)を中心に月影、豊後梅、寒紅梅など約300本が敷地内を彩る。また、昭和33年より続く「梅まつり」では、湯島白梅神太鼓や野点など各種イベントが催され、現在では約45万人の人出を数える湯島天神の早春の風物詩だ。

冬場は寒くてなかなか外に出ないという人もおおいだろう。しかし冬の晴天率は高いのです(地域によりますがw少なくとも東京は)せっかくのいい天気、でかけるいい口実になりうるのが梅!ちょっとじじむさいなんて思うかもしれませんが、この渋さを分かってこそ大人というものです。本気じゃなくてもいいんです「たしなむ」程度の粋な心があれば、デートもより深くなるわけです。

[観光DATA]

  • 住所:東京都文京区湯島3-30-1
  • 営業:6:00〜20:00(元旦は0:00〜、2・3日は6:00〜)
  • 料金:無料
  • 地図:湯島天神
  • デートタイプ:季節限定デートデートデート