東京デートスポット 詳細情報

三鷹の森ジブリ美術館

迷路のような不思議空間が魅力「迷子になろうよ、いっしょに。」

数あるデート映画のなかでも本命級、スタジオジブリ映画の魅力が詰まった美術館。迷路のような館内は、アニメーション映画の誕生について学ぶ常設展示室やオリジナル短編アニメを上映するミニ映画館、カフェ、ショップなどがあり、まさにジブリの世界一色!立体ゾートロープ「トトロぴょんぴょん」は必見だ。発光ダイオードの光が明滅すると、18体の人形が軽やかに動きはじめます。思わず何度も見入ってしまう。

美術館の中にあるミニシアターではショートムービーを上映しています。一定期間ごとにかわるみたいで、当たり外れがあるかも?ネコバスの一族の物語など劇場では見れないような作品もあるようなので、足繁く通う必要あり。

実は地味ですが奥の方にラピュタ(飛行船)を操縦する黒い石があります。ロボット兵だけとは言わず、ここでちゃんと破滅の呪文を唱えてから帰べしwお土産屋さんには飛行石も売ってるので、これもあれば完璧(*^ー゚)b

三鷹の森ジブリ美術館 地図 ストリートビュー

迷路のような不思議空間「迷子になろうよ、いっしょに。」スタジオジブリデート

施設内は全体的に迷路のような作りになっている。迷いながらお気に入りを見つける…ドンキホーテみたいだなw。別館のカフェ「麦わらぼうし」も人気。テイクアウトの「麦酒」「麦茶」「ジェラート」なども人気があります。「ホットドック」は、パンがカリカリしてて、とても美味しい!屋上の『まもり神』は、美術館のシンボル。館外は撮影自由なので、記念写真の行列ができています。『天空の城ラピュタ』のロボット兵。(ルパンシリーズでも最終回に1度登場)完全チケット制なので混み合う心配もないが、2001年10月開業以来、女性を中心に常に混んでいる。平日の予約でも1ヶ月前ではほぼ不可能の人気ぶり。早めに計画を立てて予約購入しましょう。

〜毎月10日はジブリ美術館チケット発売の日〜
ジブリ美術館のチケットは1ヶ月ごとの販売です。毎月10日より翌1ヵ月分を販売します。日時指定の予約制となっています。但し、入れ替え制ではありません。チケット(入場引換券)は、全国のローソンだけで購入できます。

[観光DATA]

  • 住所:東京都三鷹市下連雀1-1-83
  • 営業:10:00〜18:00、火曜休
  • 料金:大人1000円(以前のチケット購入が必要)
  • 地図:三鷹の森ジブリ美術館
  • デートタイプ:見所スポットデートデートデート