三重県デートスポット 詳細情報

亀山城址

かつては粉蝶城と呼ばれ多聞櫓が現存桜や花菖蒲も見逃せない

文永元年(1267年)、関実忠が亀山の若山に築城したのが始まりで、以後関氏累代の居城となった。天守台上には正保年間(1644年〜1647年)の築造の多聞櫓が現存している。当初は三層の天守閣があったが寛永9年(1632年)、幕命により取り壊された。白壁の櫓・門・土塀などを連ねる景観を蝶の群れが舞う姿に例えられ、粉蝶城とも呼ばれていたのだとか。周辺は公園として整備され、桜や花菖蒲の名所としても知られている。
亀山城址 地図 ストリートビュー

[観光DATA]

  • 住所:三重県亀山市本丸町
  • 営業:自由
  • 料金:無料
  • 地図:亀山城址
  • デートタイプ:見所スポットデート